【CA受験】グループディスカッションで落ちる人の特徴

みなさんはグループディスカッションを受けたことがありますか?

グループディスカッションとは、大体が1次~2次試験あたりで実施されることが多いのですが・・・

文字通り、受験生同士のディスカッションを見られる試験です。

これね、わりと向き不向きがあったりします。

 

( ゜Д゜)

グループ面接や役員面接、この辺は受験者本人も手応えとかが感じられる選考かと思うんですが・・・

 

グループディスカッションは合否が読みにくい試験です。

 

通る人は毎回通り、落ちる人は毎回落ちる・・・・・・

この差は何なのか・・・・・・

 

私も採用現場を見てましたが、イマイチ、このグループディスカッションの合格基準って明確ではないんですよね・・・

 

ただし。

私が見ていて感じたことは、『面接官に変な印象を与えない人が通る』

 

そんなイメージ。

 

これをすると受かる。

とか、

こうするべき。

という『勝利法』があるわけではなくて、非常に曖昧な試験だと私も思うのですが・・・

 

面接官に変な印象も与えず、
変に目立たず、
だからと言って目立ち過ぎず・・・

 

そんな方が合格している気がします。

 

ただし。

そうは言っても、CA選考のグループディスカッションで、明らかにやってはいけないことは存在します。

今日はそれをお伝えしますね。

     

空飛ぶいちご「メンバーズページ」

私が公開する、全てのコンテンツを無制限でご覧いただけます。

現在公開中の有料単品コンテンツはもちろん、ソライチのES添削や模擬面接ができるショップにもアクセスが可能。

また、一度会員になって頂いた方は、今後有料で更新予定の全ての記事も無制限で閲覧可能です。 メンバーズページだけの参加で、2019年卒(4名)、2018年既卒受験生(3名)の内定者報告を頂いています。 この方々は、既にスクールやコンサルを受けられていて、教材としてメンバーズページを活用されていました。

今からがっつりCA受験モードに切り替え、勉強していきたい方におすすめ。 詳しい内容につきましては、以下のサンプルをご覧ください^^